Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
 ひな祭り文化普及協會   公式ホームページはコチラ↓
バナー

 世界中の女の子へ    届けたい!愛と和の心     
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
雛の音 ♪ 琴 by 加藤みえ
ひな人形はやっぱり!専門店
全国の人形店

New Entries
Recent Comment
  • 巻バラの作り方&簡単!ゴージャス 布バラ、サテン地バラ、レースバラ
    さくら猫 (07/29)
  • 御礼■『ちゅーピーひな祭りコンサート』
    kiyo (04/29)
  • 御礼■『ちゅーピーひな祭りコンサート』
    しなしな (03/05)
  • ひな祭りの由来・はじまり・起源について◆
    kiyo (10/12)
  • ひな祭りの由来・はじまり・起源について◆
    孝ちゃんのパパ (10/05)
  • チワワの らら美 4歳 バ−スデー
    キヨ (08/22)
  • チワワの らら美 4歳 バ−スデー
    パル母 (08/22)
  • ホムペ★みんなのひな祭り〜思い出アルバムコーナー・リニューアル
    キヨ (07/23)
  • ホムペ★みんなのひな祭り〜思い出アルバムコーナー・リニューアル
    kco (07/22)
  • ひなまつり検定!
    キヨ (05/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
14thひなまつりフェスティバル●3/13(日) 世界遺産の音旅 ―箏・二胡・Key
0

     

     

    ユネスコ遺産がテーマの14thひなまつりフェスティバル。 

    今回の楽器編成は日本の箏、中国の二胡といった伝統楽器に、

    電子機器とも言えるキーボードのコラボ。どのようにユネスコ遺産とひな祭りとを 結びつけようかな?

     

    世界遺産を見て楽しめ、さらに少々学べて音楽が堪能できるコンサートということで友人でもある加藤みえさんと企画してみました。

     

    オープニングアクトには前日の講演会&トークのアトラクションにも出演いただいた前田育美さん(6)

    実は今回出演する加藤みえさんの愛弟子であります。

    師匠と「千鳥の曲」を披露。しっかりした演奏力と歌声で会場は一気に和らぎました。

     

     

     

    このステージの世界遺産は中国蘇州古典園林です。

    加藤みえさんの衣装は赤のチャイナドレス、すっかり中国に染まった演目は代表的なポピュラー夜来香(イエライシャン) 。

     

     

    また、個人的にとっても印象に残ったのは、17絃で紡ぐエリザベス・エアの音楽と背景の画像はこちらのフランスのモン・サンミシェルでした。

     

     

    日本の箏が演目次第で中華やフレンチに変化する、みえさんのテクニックに圧倒されつつ、

    趙さんから伝わる深い二胡の響きに酔いしれ、

    はたまたすべてをまとめてくれるモンゴル松尾さんのアレンジ力と表現力に会場からは拍手喝采でした。

     

     

    〜世界遺産をめぐる旅〜  曲目と世界遺産の各地

         

    7.エリザベス・エア:ケルト地方モンサンミシェル  

     

    8.アベ・マリア   :イタリアフィレンツェ歴史地区

     

    9.私のお気に入り:オーストリアザルツブルク市街の歴史地区

     

    10ニューシネマパラダイス:イタリアシラクーサ・ドォーモ広場

     

    11ムーンリバー  :フランスパリのセーヌ河岸 

     

    12サンクチュアリ :アメリカ自由の女神

                 

    13夜 来 香    :中国蘇州古典園林

     

     

    ひな祭り文化普及協會  http://hina-matsuri.jp/

     

    posted by: ひな祭り文化普及協會 清川紗衣 | - | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hina-matsuri.jp/trackback/310
    トラックバック