Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
 ひな祭り文化普及協會   公式ホームページはコチラ↓
バナー

 世界中の女の子へ    届けたい!愛と和の心     
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
雛の音 ♪ 琴 by 加藤みえ
ひな人形はやっぱり!専門店
全国の人形店

New Entries
Recent Comment
  • 巻バラの作り方&簡単!ゴージャス 布バラ、サテン地バラ、レースバラ
    さくら猫 (07/29)
  • 御礼■『ちゅーピーひな祭りコンサート』
    kiyo (04/29)
  • 御礼■『ちゅーピーひな祭りコンサート』
    しなしな (03/05)
  • ひな祭りの由来・はじまり・起源について◆
    kiyo (10/12)
  • ひな祭りの由来・はじまり・起源について◆
    孝ちゃんのパパ (10/05)
  • チワワの らら美 4歳 バ−スデー
    キヨ (08/22)
  • チワワの らら美 4歳 バ−スデー
    パル母 (08/22)
  • ホムペ★みんなのひな祭り〜思い出アルバムコーナー・リニューアル
    キヨ (07/23)
  • ホムペ★みんなのひな祭り〜思い出アルバムコーナー・リニューアル
    kco (07/22)
  • ひなまつり検定!
    キヨ (05/19)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ホムペ★みんなのひな祭り〜思い出アルバムコーナー・リニューアル
0


    ひな祭り文化普及協會のホームページに 猩造澆両讚瓩箸いΕ魁璽福爾あります。

    当會からの情報のみならず、読者のみなさんと ひな祭り で交流できて和める場をサイトに設けたい、そんな気持ちから作りました。

    和みの場に ひな祭りの思い出アルバム というコーナーがありそこを先日リニューアルしたのです。

    数日前 お恥ずかしながら我が家の娘達を掲載しましたが、

    特別出演!として父の古い端午の節句の写真を掲載させていただきました。

    パパ.jpg

    1935年頃の中国はハルピンで生まれた父と、双子の兄の写真です。

    端午の節句の飾りが 雛壇のように たくさんの人形や鎧・兜で飾られています。

    日本から中国まで輸送したのでしょうか。

    とても豪華なのに驚きました。

    ちょっとupすると

    コピー 〜 パパ.jpg

    立派な白馬、 明かりは 胡粉で置き上げという手法でつくられた珍しい形。

    コピー (4) 〜 パパ.jpg

    兜も精密に作られ専用の箱も立派です。
    コピー (2) 〜 パパ.jpg

    お人形は ひょっとして菅原道真 とかの歴史上の人物でしょうか。

    生まれてきたわが子へ たくましく立派に成長して欲しい!

    と願う優しい真心から このような文化が生まれたのでしょうね。

    まさに! 人と人との絆を育む日本文化=端午の節句、ひな祭り  ブラボー〜



    ここで ご覧の皆様にお願い!!!


    みなさまのひな祭りの 思い出写真もぜひ、一言添えて送ってくださいませんか。

    よろしくお願い致します。



    今日もうれしい ひな祭り ♪http://hina-matsuri.jp/ ひな祭り文化普及協會 清川紗衣

    広島ブログ

     

    posted by: ひな祭り文化普及協會 清川紗衣 | みんなの雛祭り | 03:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    Kcoちゃん
    思い出したよ。雛人形、飾ったよね。
    赤毛氈の色の壇飾りだったね。

    一緒に飾ったのを覚えてくれるなんて
    うれしい・・・<涙>
    きっと縁が深いんだろうね。
    | キヨ | 2011/07/23 12:35 AM |
    素敵なblogですね!
    お姉ちゃん本当に”和”の文化が好きなのね。
    昔実家のひな人形をお姉ちゃんと飾っていたことを思い出します。
    私はすぐに飽きちゃったけど(^_^.)
    私もお姉ちゃんのように感性豊かな女性めざしたいです♪遅いかな?
    | kco | 2011/07/22 11:54 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hina-matsuri.jp/trackback/163
    トラックバック